NLP2022 チュートリアル2「ゼロから始める転移学習」柴田知秀先生(ヤフー株式会社)2022年3月14日 アクトシティ浜松

NLP2022 チュートリアル2「ゼロから始める転移学習」柴田知秀先生(ヤフー株式会社)2022年3月14日 アクトシティ浜松
言語処理学会第28回年次大会(NLP2022) チュートリアル2「ゼロから始める転移学習」柴田知秀先生(ヤフー株式会社)2022年3月14日 アクトシティ浜松
https://www.anlp.jp/nlp2022/#tutorial

*講演スライド:*
https://www.docswell.com/s/ydnjp/5L8XPZ-2022-04-27-133413

*概要:*
2018年のGoogleのBERTを始めとする手法で転移学習の枠組みが大成功し,自然言語処理や近接分野の考え方を大きく変えた.ここでいう転移学習は,大規模なテキストを用いて自己教師あり学習で学習する事前学習と,下流タスクが解けるように学習するファインチューニングの2ステップからなる.これまでの自然言語処理技術の積み重ねの理解が必要なことと近年の研究の流れの速さから,自然言語処理初学者はもちろんのこと,自然言語処理研究者でも理論を正確に理解するのは難しい.本チュートリアルでは,初学者の方でも理解できるように,背景となる技術から説明し,転移学習の枠組みや最近の研究動向について説明する.また,理論を理解することと実際使いこなせることのギャップをうめられるように,ライブラリの動かし方などにも触れる.

*講演者略歴(講演当時):*
2007年東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。京都大学大学院情報学研究科助教、特定講師を経て、2019年4月よりYahoo! JAPAN研究所上席研究員。専門は自然言語処理、特に深層学習を利用した日本語基礎解析。博士(情報理工学)。

Copyright © 2022 The Association for Natural Language Processing (言語処理学会) All rights reserved.