iphone8バッテリー交換 時間

iphone8バッテリー交換 時間

実際に、データのバックアップや移行の作業には手間がかかります。場合によっては何時間もかかる作業のため、極力データのリセットは避けたいという方が多いでしょう。そこで、iPhoneのバッテリー交換時にデータのリセットをしたくないという方には、非正規修理店がおすすめです。

また、iPhoneのバッテリーは高温に弱いです。長時間バッテリーが高温の状態にあると、バッテリーが劣化してしまい寿命が減ってしまいます。直射日光の当たる場所やストーブの近く、コタツの中などには、iPhoneを置かないように気をつけましょう。

普段使っているアプリも新しいOSへの対応やバグの修正等でよくバージョン更新があります。
そんなアプリの更新作業が実はバックグラウンド(見えないところ)で行われています。
これをオフにするとバッテリー駆動時間の節約につながることがあります。
「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」からアプリを選んでオフにしてみてください。

iPhoneのバッテリー交換を安くしたい!という理由で自分で行う場合、確かに費用は安くなりますが修理屋さんに依頼するより時間がかかります。
失敗してしまった際には本体の買い替えや基板修理を行う必要がでてくることも。万が一、バッテリーが発火した際には水などでは消化できないため、あわや大惨事になんてことも!?
また、交換後に残ったバッテリーは一般的な方法で廃棄することができません。これらの高いリスクやデメリットがあるため、専門業者に依頼する事をおすすめします。
アイサポでは各店ごとにお得なセール・キャンペーンを行っております。是非こちらからお得にお安く修理出来る店舗を探して見てください。

時間も忙しくあまり取れないのであれば、予約なしでも即日30分で完了する非正規店を選ぶのがいいでしょう。

持ち込み以外であれば、Apple リペアセンター(配送)、自分で交換するという選択肢があります。また、それぞれの場所によって、バッテリー交換にかかる時間が違います。

店舗にもよりますが、非正規正規店であれば、データのリセットなしでiPhoneのバッテリー交換をおこなってくれます。また、バッテリー交換が1時間以内で終わる修理店がほとんどのため、時間がない方にもおすすめです。
ただし、非正規修理店を利用する場合は、注意点が何点かあります。

非正規店であれば、前述しているように30分ほどの時間でバッテリー交換ができます。予約することで、待ち時間なくスムーズに支払いまで済みますが、持ち込みでも即日対応できる修理店がほとんどです。

iPhoneのバッテリー交換をしたい方の中には、「バッテリー交換でいちいちバックアップをするのは大変」「データのバックアップや移行に時間をかける暇がない」という方もいることでしょう。

アイサポに依頼した場合のiPhoneバッテリー交換の所要時間は約30分ほどでお渡しまで完了します。たまたま空いた時間にお越し頂ければサクッとバッテリー交換が完了します。

これは、その日の込み具合など環境によって違うと思いますが、自分が行ったAppleStore新宿だとiPhoneを渡してからバッテリーを交換して手元に戻ってくるまでの所要時間は1時間半程度でした。
2時間弱くらいはiPhoneが手元から離れるということになります。
もちろん指定された時間以降であれば、店舗の営業時間内ならいつでもOKです。

2時間後に再度Appleストアへ赴くと、バッテリー交換が無事に終わっていました。スタッフに受け取りの旨を伝えると、預けた端末をカウンターに持ってきてくれます。写真付きの身分証明書を提示し、料金を支払えば完了です。

配送によるバッテリー交換は、Apple指定の配送業者が自宅まで取りに来てくれます。配送して、Apple リペアセンターに届いてから5日~1週間と長い時間かかってしまいます。修理している期間は、他のiPhoneを用意しておく必要があります。

しかし、iPhone純正部品の使用をするので不具合が起こることがほとんどありません。時間より品質を選ぶなら正規店を選びましょう。

バッテリー交換は費用も時間も比較的少なくて済む修理ですので、ぜひお近くのアイサポまでお問い合わせください。