iphone12 pro max サイズ

iphone12 pro max サイズ

昨年発表されたiPhone11シリーズは、iPhone11(6.1インチ)、iPhone11Pro(5.8インチ)、iPhone11ProMax(6.5インチ)でした。iPhone12シリーズで今回目玉となりそうなのは、小型のiPhone12(5.4インチ)です。人気だったiPhoneSE(第1世代)サイズの後継機が例年期待されていましたが、2020年春発表されたiPhoneSE(第2世代)はiPhone8と同じ(4.8インチ)、本体サイズ高さ138.4mm、幅67.3mm、厚さ7.3mmのものでした。iPhone12は、iPhone8などより一回り小さいサイズが想定されており、女性にも持ちやすいコンパクトサイズになることが期待されています。また、コンパクトながらベゼルレスディスプレイが想定されており、画面のインチ数は5.4インチと十分な大きさのサイズになる噂があります。

この記事ではiPhoneの本体サイズや重さ、画面の大きさを比較します。9月8日に発表されたiPhone 14シリーズをはじめ、古くはiPhone 6sまでのモデルを一覧表にまとめています。

画面サイズが6.7インチと大きいので画面は見やすくて、映画を見たりゲームを楽しむならiPhone 12 Pro Maxは魅力的な端末となります。

12シリーズと比較してサイズ感の変わらない13シリーズですが、バッテリー容量の増加によって厚みが増し、iPhone12とはケースが併用できなくなりました。・iPhone13ケース⇒iPhone12ケースと併用不可。・iPhone13miniケース⇒iPhone12miniケースと併用不可。・iPhone13Proケース⇒iPhone12Proケースと併用不可。・iPhone13ProMaxケース⇒iPhone12ProMaxケースと併用不可。また、iPhone13はiPhone13Proと同じ6.1インチですが、背面のカメラレンズの大きさが異なるのでケースを併用することはできません。フィルムもノッチの形が異なるため併用不可です。

しかしこちらも微々たる違いなので、持ってみた感じはほとんど同じといえます。この2つのモデルはサイズだけならほとんど変わりません。

ディスプレイ
ディスプレイは美しい曲線を描くように四隅に丸みを持たせてデザインされており、標準的な長方形に収まります。標準的な長方形として対角線の長さを測った場合のスクリーンのサイズは、5.42インチ(iPhone 12 mini)、5.85インチ(iPhone 11 Pro、iPhone XS、iPhone X)、6.06インチ(iPhone 12 Pro、iPhone 12、iPhone 11、iPhone XR)、6.46インチ(iPhone 11 Pro Max、iPhone XS Max)、6.68インチ(iPhone 12 Pro Max)です。実際の表示領域はこれより小さくなります。

片手操作もできないので片手で使いたい方には向いていないスマホです。エッジのあるサイドフレームはステンレス素材でとてもカッコいいですが指紋がベタベタ付くのが気になるところです。

メインとなる広角カメラを比較すると、iPhone 12 Proと12 Pro Maxはいずれも12メガピクセルで26mm相当のF値1.6だが、iPhone 12 Pro Maxはセンサーサイズが47%大きくなって個々のピクセルが大きくなり、暗所での感度が87%向上しているという。さらに光学手ぶれ補正もレンズシフト式となり、手ぶれにさらに強くなっている。

片手で操作できるコンパクトなサイズ感のiPhoneを求めているという人は、「iPhone 13 mini」や「iPhone SE(第2世代)」がおすすめです。

前モデルのiPhone 6sと比べると、サイズは同じですが軽量化され、チップ性能、ディスプレイ性能、バッテリー性能などが向上しています。最新版のiOS 14.5にも対応し、iPhone 6sシリーズやiPhone SE(第1世代)ともども、ギリギリ現役で使用できるモデルとなっています(記事執筆時点)。

手もとから、スマートに。すこし、大人なiFaceダイアリーケース動画視聴に便利なスタンド機能付き手帳型ケースが「iFace」から登場。前面から背面までシームレスに収まるラウンド形状を採用。立体感と高級感を感じるデサインに仕上げました。通常のダイアリーケースとは違う、iFaceならではの手帳型ケースで毎日をよりスマートに。

また重さも機種によって異なり、100g近い差があります。iPhoneを片手で操作したい人はサイズが小さく、軽い機種を選ぶことがおすすめです。

iPhone 12 Pro Maxの広角カメラはiPhone 12 Proよりも47%センサーサイズが大きい1/1.77型のセンサーを搭載しています。

今回は、iPhoneの大きさ・サイズを比較しました。

iPhoneは2014年発売の「iPhone 6」以降、スタンダードサイズと大型サイズの両方が発売されてきた。初期には「Plus」、ここ数年は「Max」という名称だが、2020年は2019年に引き続き「Pro Max」となった。