iphone11 バッテリー交換 時間

iphone11 バッテリー交換 時間

iPhoneをバッテリー交換に出すときは、何か特別な準備が必要なのでしょうか。来店の際に必要なものもあれば教えていただけますか。

バッテリー寿命のサインが現れているにもかかわらず、iPhoneをそのまま使い続けた場合、さまざまなトラブルが発生する可能性があるので注意しましょう。ここでは、寿命の近いバッテリーを使い続けると起きる問題を3つ解説します。

バッテリー交換は費用も時間も比較的少なくて済む修理ですので、ぜひお近くのアイサポまでお問い合わせください。

自動ダウンロードがオンになっていると、アプリのアップデートやダウンロードが自動で行われます。便利な機能ですが、外出時にバッテリーが消耗するのを防ぐのであれば、更新は手動で行うといいかもしれません。「設定」から「iTunes & App Store」を開き、「自動ダウンロード」の項目をオフにします。

他にも、iPhoneがこのような状態になったらバッテリー交換が必要、という具体的な症状はあるのでしょうか。

iPhoneのバッテリー交換をどこで行うか迷っている方は、即日対応が可能な修理専門の会社での交換がおすすめです。その際は安心してバッテリー交換が行えるように「総務省登録修理業者」に登録されている修理専門の会社を選びましょう。

これをしていると確実にバッテリーの劣化が早まります。
また、バッテリーが膨張するという方の大半はこの使い方を日常的にされています!
iPhoneの使用中はできる限り充電コネクタからはケーブルを外すようにしましょう。
使わない時はこまめに充電をすれば、いざという時でもバッテリーが少ないといったことは避けられるかと思います。

充電しながらの使用は充電と放電を同時に行っていることになり、バッテリーへの負担が非常に大きいため、できれば控えましょう。

一方、非正規店のバッテリー交換の料金は、店舗やデバイスに応じて料金は異なりますが、正規店よりも安価な傾向があります。

これは、バッテリーが膨張してiPhone本体を圧迫しているからです。バッテリーはリチウムイオン電池が使われており、劣化によってガスが充満した状態になります。

総務省登録修理業者で、PSEマーク表示のバッテリーを使用している修理店を選べば、安心してバッテリー交換を依頼できるでしょう。

大手キャリアショップであれば、バッテリー交換のサービスを安心して受けられます。また、キャンペーン対象内なら、AppleStoreやリペアセンターよりも安価で交換できる場合もあります。

iPhoneのバッテリーでお悩みの際やその他お困りごとがある場合はお気軽にドクター・ホームネットにご相談ください。

また、正規店でバッテリー交換を依頼する場合、事前予約が必要になることがありますが、非正規店なら予約不要で対応してくれます。最短で即日にバッテリー交換が完了します。

これはすごく便利な機能だけに、なるべくオフにはしたくないのですが、そもそも無料のiCloud容量は(2018年6月末時点で)5GBまでしかないためそれ以上に写真や動画を撮る人はこまめにPCにバックアップを取っている方も多いはず。
これをオフにするだけで、バックグラウンドでの通信が抑えられますので少しは節電につながります。