iphone 初期化 できない

iphone 初期化 できない

何かしらの原因によりiOSデータを破損してしまい、iPhoneが正常に起動できなくなった場合に、iOS更新・初期化することで解決するのがリカバリーモードです。

iPhoneを強制的に初期化する前には、やっておかなくてはならないことがあります。やっておかないと、初期化前と同じ状態でiPhoneを使用できない場合や、まったく使用できなくなってしまう場合があります。

iPhoneが起動できる状態であれば、iPhone本体のみでリセットすることが可能です。端末の設定からリセットすることができます。

具体的には、これまで使用していたiPhoneを家族や友人に譲る場合や、下取りサービスに出す場合などのタイミングです。家族に譲渡する場合も、初期化は行いましょう。なぜなら、譲渡する相手方が信頼できる方であっても、万が一譲ったiPhoneが紛失した場合、第三者の手に渡る可能性があるからです。

iPhoneをちゃんと問題なく操作できているのであれば、上の方法で簡単にiPhoneを初期化できます。しかし、何かしらの理由で、操作不能の状態の場合は、上の通り初期化ができません。iPhone初期化できない場合、どうしましょう。実は、iPhone初期化ができない時に、無理やり強制的に初期化をする方法があります。

iPhoneの初期化を行う必要があるのは、どのような状況に陥ったときかご存知でしょうか?ここでは、初期化を行う目的と検討するべきタイミングについて解説します。

【AppleIDのパスワードを忘れた場合】
パスワードを忘れたり入力してもサインインできなかったりする場合は、パスワードをリセットして新しいパスワードでサインインしましょう。AppleIDのパスワードのリセットは、iPhoneだけでなくiPadやiPod touch、Macなどほかの端末からでも行えます。

初期化するための操作は、あまり難しいものではありません。しかし、iPhoneの画面を操作できなかったり電源が入らなかったり、バッテリーの劣化で電源がつかなかったりなど、端末が故障しているときは初期化できなくなることがあります。このような状況に陥ったら、自分で不具合を改善することは難しいでしょう。iPhoneを修理に出して不具合を解消する必要があります。

iPhoneを初期化すると、保存されているあらゆるデータと設定が消去されます。そのため、大切なデータがiPhoneの中に残っている場合は、初期化をする前にバックアップを取っておく必要があるのです。

もし、保証がなければiCrackedにご相談ください。iCrackedは、修理技術、パーツ品質、接客サービスに自信があります。お客さんの疑問に答えながら修理する対面修理ができること、検品環境が整った独自の仕入れルートがあるからです。

AppleIDを忘れたら、まずはすでにサインインしていないか確認してください。例えば、iPhoneやiPad、iPod touchの場合は、「iCloud」もしくは「メディアと購入」の設定画面からAppleIDを確認することができます。

iPhoneの故障などで初期化できない場合は、iCloudを使用するのがおすすめです。ただし、この場合はパソコンもしくはタブレットの用意が必要になります。iPhone以外の端末が用意できたら、Appleの公式サイトからiCloudへログインしましょう。「iPhoneを探す」をクリックして画面に表示された「すべてのデバイス」から、初期化したいiPhoneを選びましょう。

iPhoneを初期化するときは、パスコードやAppleIDの入力が必要です。パスコードやAppleIDがわからないときは、初期化の実行ができなくなってしまいます。ただし、AppleIDは、再設定することが可能です。AppleIDを忘れてしまったら、再設定を行い初期化を実行しましょう。

iPhoneに不具合が発生すると、初期化をすることで改善されることが多いです。または、iPhoneやiPadを新しい端末に機種変更したり、古い端末を家族や友人に譲渡したり、中古ショップや携帯会社へ下取りに出したり、売却したりする時も、個人情報を消すためデバイスを初期化する必要もあります。

それでは早速ですが、iPhoneを工場出荷時の状態に初期化(リセット)する確実な方法を3つ説明します。それぞれの詳細操作手順を確認していきましょう。