iphone バッテリー交換

iphone バッテリー交換

しかし、ぎりぎりまで電池を減らしてしまうと今度は過放電となり、これもバッテリーの劣化に繋がります。

スマホは充電のし過ぎでもバッテリーが消耗するため、充電回数はできるだけ抑える必要があります。

中でもiCrackedはバッテリー交換の費用が安く、3,800円~6,800円で行ってくれます。費用を抑えてバッテリー交換をしたい場合は、iCrackedがおすすめです。

iPhone の電源関連の問題の中には、バッテリー以外の要因に起因するものがあります。iPhone の電源が入らない場合は、こちらの記事で問題が解決できないか試してみてください。

・データのバックアップを行いたいが、どうすればよいか分からない。

iPhoneのバッテリー交換はどこでできる?

予約をしておくと、店頭で受付してから1時間程度でバッテリーの交換が終了します。

さらにバッテリー交換費用の比較で見た通り、修理費用が比較的安く抑えられます。

全世界で100万台以上の修理実績があり、待ち時間なし、データそのまま、即日最短30分にてお客様の目の前で修理を実施、画面交換、液晶交換、ガラス割れ、電池交換、バッテリー交換、カメラ修理はもちろん、操作や設定サポート、機種変更のデータ移行、LINE設定、格安モバイルの相談も行っており、総務省登録修理業者にも登録しております。

充電はちょうど良いタイミングで行うことが大切ですので、バッテリー残量20%を目安に充電することを心がけましょう。

バッテリーを交換して蓋を閉じる前に、iPhoneが稼働するかどうか確かめましょう。作業時間は、約1時間~2時間程度です。

充電だけでも電気を使っていますので、バッテリーへの負担を考えるならそれだけに専念させることが大切です。

iPhone本体はバッテリーで動いているので、バッテリーがなければ使うことができません。

AppleCare+に加入していない、もしくは保証期間外の場合、バッテリー交換にはいくらかかるのでしょうか。

画面のひび割れなど、バッテリー交換に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があります。場合によっては別途修理料金がかかることがありますので、あらかじめご了承ください。