iphone バッテリー交換 docomo

iphone バッテリー交換 docomo

ドコモのスマホは無料でバッテリーを交換できる場合があります。

iPhoneのバッテリー交換の対応は、各キャリアによって対応が異なります。
例えば、docomoの場合、経年劣化によるバッテリー交換は、App Store対応になり、手続きや支払いもApp Storeで行う必要があります。
iPhoneのバッテリー交換をもっとも安く行うために、まずは、Apple Care+加入時の修理料金を確認しましょう。

docomoショップで修理を依頼する場合は預かり修理となり、在庫状況や混雑状況により変わりますが1週間〜10日程の修理となります。

新品のiPhoneと交換できますが、サービス利用料金が高いため、バッテリー交換費用より高くなってしまいます。他に修理箇所がある場合は、お得に利用できるかもしれません。

docomo、Soft Bank、au。いずれもiPhoneの販売を行っているケータイ会社ですが、バッテリー交換に関する対応は、総じてApple頼みにしています。
docomo、Soft Bank、au、でiPhoneのバッテリー交換を依頼すると、経年劣化によるバッテリーの交換かどうかが重要になります。
経年劣化によるバッテリーの消耗だった場合、各キャリアは対応できず、App Storeに修理、またはバッテリー交換を依頼することになります。

以上のように、docomoのiPhoneに対する保証プランはAppleのプランに似ており、au・ソフトバンクとは異なる「端末交換割引型」のサービスです。

また、Appleストアは店舗数が少ないこともあり、平日・休日問わず毎日混雑しています。バッテリーを交換できるまで待たされる場合があるので、必ず予約を申し込みましょう。

docomoで購入したiPhoneは、購入して1年以内またはAppleCare+ for iPhone、docomoのケータイ補償サービスに加入していると無料または安く修理できます。

例えば、iPhone6sのバッテリー交換に、10,000円の費用が発生した場合、au修理代金サポートに申し込みをすれば、修理代金を全額負担してくれます。
ただし、Apple社への支払いは、自己負担で行い、後日auからキャッシュバックされるという形になります。

自分で交換する場合は、電池パックの購入が必要です。内蔵型のバッテリーは店舗では販売されておらず、ネットでの購入となります。そのため、手元に届くまでに最短でも1〜2日ほどかかります。また、交換作業に慣れていない場合は、さらに時間を要する場合もあります。

iPhoneのバッテリー交換は、全てのキャリアがApple社に任せています。
そのため、キャリアに質問をしても、Appleに問い合わせ下さいとの回答を得るばかりです。
バッテリー無料交換時期が過ぎれば、iPhoneのバッテリー交換費用は割高になってしまいます。
そこで、iPhone修理工房を利用してみてはいかがでしょうか?Apple Care+加入時よりも、格安でiPhoneのバッテリー交換を行えます。
最新機種のiPhone6s Plusのバッテリー交換にも対応しています。iPhone修理工房のバッテリー交換は、純正パーツ同等品を使用しているため、修理後の動作も安心して利用可能です。ぜひ、ご検討下さい。

私のパソコンは Windows10 で、マックではないのですが、iPhoneを発送した後でも、パソコンのicloudのWindows用アプリから、iPhoneで適用させているicloudメールが見れます。
それを見ると、しっかりとAppleからメールが届いていました。
修理進捗画面を見ても、発送した翌日には既に到着しており「製品交換確認中」と表示されていました。
返送された日の朝、出勤前に確認しますと、ステータスはまだ「製品交換確認中」だったのですが、メールを見ると朝9時30分頃に発送済ステータスに変わったようです。実際には前日に発送手続きがなされており、ステータスが発送済に変わったその日の午前中に配達がありました。

ただ、どのお店にもバッテリーの数には限りがあるため、在庫切れだった場合は1週間前後預けることになります。バッテリーの在庫確保は行っていないので、心配な場合は事前に電話で在庫を確認してから出かけましょう。

Soft Bankのあんしん保証パックプラスは、月額650円を支払い、故障した際は、修理代金の100%を負担してもらえるサービスです。
ただし、バッテリー交換は故障と見なされません。機種に関わらず、バッテリー交換費用から3,000円の割引を受けることができます。