iphone バッテリー交換 ソフトバンク

iphone バッテリー交換 ソフトバンク

iOS16.1.2にアップデートしてからシステムサービス(ソフトウェアアップデート)の項目のモバイルデータ通信量が異常に多くなりました。ちなみに、ソフトウェアアップデートはWi-Fiのみを選択しておりました。原因及び改善方法を教えていただけると幸いです。

iPhoneのバックアップは、iCloudやiTunesで行えます。好きな方法でデータのバックアップを取っておきましょう。ちなみに、第三者修理店ではデータの消去を行わずにバッテリー交換を行えます。すぐに修理に出したい場合は、第三者修理店でのバッテリー交換を検討してみましょう。

Apple Storeや正規サービスプロバイダ、キャリアショップでは、メーカー保証内であれば無料でバッテリーを交換してもらえます。ただし、対象期間を過ぎてしまうと有料になるため、逆に高い費用が発生することがあるのです。

表参道(東京)と大阪に近い方は
ソフトバンクショップでの修理を
視野に入れておくといいと思います。

しかし、第三者修理店のなかには正規店と変わらない品質のサービスを提供する業者もあります。また、各業者には特別なトレーニングを積んだプロの技術がいるため、安心してバッテリー交換を行えます。

事前に確認や準備しておけば、スムーズにバッテリー交換できたり大事なデータを守れたりするメリットがあります。それぞれの項目を確認していきましょう。

ソフトバンクのiPhoneで
考えられるであろう
保証の状況は以下になります。

バッテリー交換は、持ち込みで修理できる場合と配送で修理できる場合があります。しかし、多忙な人は、希望日時で予約が取れないこともあるかもしれません。

Apple Storeや正規サービスプロバイダ、キャリアショップでのバッテリー交換を検討しているなら、AppleCare+に加入しているか確認しましょう。未加入でも1年間の製品保証を受けられますが、AppleCare+に加入すれば製品保証が2年まで延長されます。

iPhoneのバッテリーを交換するとき、事前に確認や準備しておきたいことがいくつかあります。

バッテリーを交換すれば引き続き使うことができますが、バッテリーを交換する方法や、交換するタイミングがわからない人もいるでしょう。

Apple Storeや正規サービスプロバイダ、キャリアショップでバッテリー交換する場合、基本的にiPhoneに保存されたデータは消去されるか、事前に自分で初期化することを求められます。修理に出す前にバックアップを取っておかないと、大事なデータが無くなってしまうのです。

バッテリー交換で修理に出す場合、「iPhoneを探す」を無効にしておきましょう。Apple Storeや正規サービスプロバイダ、キャリアショップでバッテリー交換する場合、iPhoneを初期化します。

第三者修理店では、Apple Storeなどの正規店に比べると安くバッテリー交換ができますが、修理費用を少しでも抑えるために自分でバッテリー交換したいと考える人もいるでしょう。ただし、自分でバッテリー交換を行うと故障に繋がる危険性があります。修理費用は安く抑えられますが、自分でバッテリーを交換するのは避けたほうがいいでしょう。

iPhone本体はバッテリーで動いているので、バッテリーがなければ使うことができません。