iphone バックアップ

iphone バックアップ

万が一の事態に備えて、外部にデータをコピーしておくことをバックアップと言い、一般的には iTunes (Windows / Mac) または iCloud がよく使われています。

iCloudデータ容量が原因でうまくバックアップができない場合、過去にとったバックアップを削除するか容量を拡張する必要があります。

まず、iTunesを利用したバックアップの方法についてご紹介します。

iCloud を使って iPhone をバックアップする場合、一部のファイルや設定はバックアップされません。次のようなデータはバックアップの対象外となります。

最新のiOSを搭載しているiPhoneをお使いであれば、設定の中にiCloudがあります。その中にある機能のうちのひとつがバックアップであり、Wi-Fiに接続していればどこでもバックアップすることが可能です。ただし、回線が不安定な場合は失敗することもあるので、通信環境が良い場所で行いましょう。

③「概要」からバックアップ項目を選択ウィンドウ左の「概要」をクリック。バックアップに必要な項目が表示されます。バックアップ欄にある「このコンピュータ」にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが開始されます。

iTunesを使用するためには、パソコン(Windows 7 以降 / Mac OS X 10.10.5 以降)が必要です。古いモデルではiTunesの動作環境を満たさず使用できない場合もありますのでご注意下さい。パソコンには、作成したバックアップデータを保存できるだけの空き容量も必要となります。

それらのデータを守るためにもデータのバックアップは欠かせません。iPhoneのバックアップがどこまで復元されるかをしっかり把握し、必要なデータを取捨選択してバックアップを取りましょう。

①iTunesを使ってiPhoneのバックアップをするには、まずパソコンとiPhoneを接続します。iPhoneとパソコンを接続するときは、iPhoneに付属しているケーブルもしくは家電量販店などで対応するケーブルを購入して接続してください。

4つ目のバックアップ方法、「USBメモリ、SDカードに保存する」について解説していきます。

まず、iPhone のバックアップ データをどこに保存するかを決めましょう。バックアップ データは、パソコンまたはクラウドに保存することができます。ここではどちらの方法についても説明しますが、多くの場合、バックアップ データは非常に大きなサイズになるので、パソコンのディスク容量を節約したければ、パソコンの容量を消費せずに済むクラウドにバックアップすることをおすすめします。

以上、「パソコンなしでもOK!いまさら聞けないiPhoneのバックアップ術」でした。

iPhoneには自動バックアップ設定がついています。自動バックアップの設定が有効になっていると、iPhoneが充電中かつ画面ロック中でWi-Fiにつながっているときに自動でバックアップしてくれます。

パソコンなしでiPhoneのバックアップをしたい、でもクラウドサービスを使うのもちょっと心配…という方は、自前のUSBメモリやSDカードをiPhoneのバックアップに活用することも検討してみてはいかがでしょうか?

次に2つ目、パソコン無しでiCloudにバックアップを取る方法です。