iphoneを探す 通知

iphoneを探す 通知

iCloudに信頼される設定として、最後に通知がオフに設定されます。重要なのはiCloudにログインしてから2ファクタ認証を設定することです。以上の手順で「iPhoneを探す」で相手に通知が届かないようになりますので、ぜひ参考にして試してみてください。

なお、Apple Watchではデバイスが離れたときに通知する機能に対応していないなど、探す対象のデバイスによって使える機能は異なります。

結論から言いますと通知は、一定の条件下で届きます!

身の危険を感じた時に自分の居場所を知らせる緊急通知機能や
自宅や塾など決まった場所に相手が到着すると通知してくれる
通知エリア機能など子供の身を守る機能が充実しています。

このようにiOS 15以降のiPhoneとファームウエアバージョン4A400以降のAirPodsの組み合わせであれば、「探す」機能によりAirPodsが手元から離れた時に即時通知してくれる機能があります。
いろいろと設定を試してみましたが、AirPodsの紛失防止という意味まで考えると即時通知はオン、特定の場所(自分がよく行く場所)でのみ通知をオフにしての運用が一番いいのかなと個人的には感じました。iOS 15以降のiPhoneとAirPodsを組み合わせて使っているユーザーさんは自分の環境にあった設定を探してみてください。

単にiPhoneの現在ある場所を検索・特定するだけでなく盗難防止機能もあるため、「iPhoneを探す」を作動させた場合少なからず何らかの通知がiPhone側に届くようになっています。では、まず「iPhoneを探す」の使い方について説明します。

紛失したiPhoneの場所がわかったら、遠隔操作で対策とセキュリティ設定を行いましょう。ここではファミリー共有中のiPhoneから探す場合で説明します。
まずは「探す」アプリを起動して、紛失したiPhoneを選択しましょう。画面下部のメニューバーを上方向に引き出すと、「サウンドを再生」「経路」「通知」「紛失としてマーク」といった項目が現れます。

「iPhoneを探す」で相手に通知が届かないようにする方法として、iCloudに信頼される設定では、まずはiCloudにログインしましょう。あなたが使用しているiPhoneで、設定アプリからiCloudにログインすることがはじめの手順になります。

iPhoneを探すの通知画面を確認すると「AppleIDサインインが要求されました」と表記されているのが、確認できると思います。この表記からもわかるように、iPhoneを探していることを通知するものではなく、iCloudにサインインしようとしていると教えてくれています。

ただ、取得した人が対応してくれるかどうかが肝です。AirTagを拾ったらロック状態のiPhoneに近づけると通知が表示されるはずです。通知されない場合は[持ち物を探す]のメニューにある[見つかった持ち物を識別]をタップしてからAirTagを近づけてみてください。通知の内容として持ち主の連絡先とメッセージが表示されます。

インスタグラム(Instagram)では、フォローするとフォローされた側に通知が送られます。インスタグラム(Instagram)でフォローされた場合の通知の確認方法と、自身が…

こっそりAirTagを“持たされたら”現在位置が丸わかりなのでは? と不安になりますが、その点はAppleも対応しています。iPhoneを使っていれば、他人のAirTagが近くにあるiPhoneに通知が届きます。iPhoneユーザーは普段と違う通知を見逃さないように注意。iPhoneを使っていない場合は、AirTagからビープ音が鳴ります。持ち主のわからない不審なAirTagは電池を抜いて無効化できます。

ただし、事前にiPhoneの設定やApple IDとパスワードの入手が必要です。また、位置情報を検索するとターゲットのiPhoneに通知メールが届くため、認証せずに利用する場合は1回限りしか使えません。

「人を探す」では、特定の場所の到着時・出発時、または指定した時間帯に家族、友達が所定の場所にいない場合に、通知を受け取る・送信することが可能です。

「手元から離れたときに通知」を使えば、この機能に対応した Apple 製のデバイス、AirTag、「探す」ネットワーク対応のアクセサリをどこかわからない場所に置いてきてしまったときに iPhone が教えてくれます。「探す」App で「手元から離れたときに通知」を設定する方法をご案内します。また、置き忘れてきても通知しなくてもよい場所を追加しておく方法も説明します。