iphoneを探す 使い方

iphoneを探す 使い方

『Apple Music』の使い方 基本的な機能や便利な活用方法などを徹底解説!

まだ1度も使ったことがない人にとっては、使い方の流れがイメージしづらいかもしれません。しかし1度iPhoneをなくしたつもりで紛失モード設定まで行ってみると、本機能の便利さがわかると思います。実際に紛失や盗難に遭ったらおそらく冷静さを失ってしまいがちだと思うので、使い方を把握しておいていざというときに備えてください。

iPhoneは個人情報が詰まったプライベートなものであり、さらに決済機能も持つので、紛失・盗難に遭うと大変。ロックをかけていれば一旦は安心ですが、手元に戻ってこなければかなり痛手です。iPhoneには「探す」(旧称:iPhoneを探す)という紛失対策機能が用意されています。サブのスマホ、PC、あるいは家族・友人のiPhoneなどから、失くした端末の位置情報を調べることが可能です。本記事では最新のiOS 13をもとに設定方法・使い方を解説。いざという時に活用してください。

そこで今回は「iPhoneを探す」の設定方法や使い方を解説していきます。
この機能を活用すれば紛失したときだけでなく、盗難にあったときにも悪用を防ぐことができるので便利です。

iPhoneの「位置情報」とは、GPSを使い現在地を特定する機能です。友達のiPhoneを探せない場合は、位置情報がオフになっている可能性があります。「位置情報」はオンにしているとバッテリーを消耗。そのため必要時以外はオフにしている人も多くいます。