ipad 初期化しょ

ipad 初期化しょ

今回は、パソコンからiTunesを使いiPhone・iPadを初期化する方法をまとめてみました。

初期化すれば必ず改善するというわけではありませんが、多くのケースで初期化によって不具合が解消できます。

機種変更などで現在利用しているiPhoneを手放す場合は、前述のとおり、個人情報を保護するためにも事前に初期化をする必要があります。

パスワードを忘れた場合は、リカバリーモードで初期化を試してみましょう。

Appleの下取りや、楽天モバイルのiPhoneアップグレードプログラムのように、使用していたiPhoneを下取りサービスに出す場合は、事前にApple IDからのログアウトや初期化をすることが義務付けられています。

注意するべきポイントとして、AppleCare+ 盗難・紛失プランに加入している場合、補償の申請が承認される前に初期化してしまうと、iPhoneの場所がわからなくなり、補償の対象外とされてしまうことがあります。

基本的には第三者の無断使用を防ぐものですが、初期化し再起動させるときには面倒になります。初期化後の起動でAppleIDとパスワードの入力を割愛させるためには、初期化の前にこのアクティベーションロックを解除しておかなければなりません。

Apple Watch も安全に消去する (初期化する) 必要がある場合は、こちらの記事の手順にそって、デバイスのペアリングを解除してください。

もしもiPhoneを紛失したり盗まれたりしてしまい、「iPhoneを探す」機能を使ってもiPhoneが見つからない場合は、iCloudを利用してiPhoneを初期化してデータを削除できます。

バックアップを取ったら、初期化の手順を進めます。初期化後、再起動して、初期設定の画面が表示されることを確認してください。

初期化が終わり、iPhoneが再起動したら、あらかじめバックアップしておいたデータを復元します。購入時と同様に初期設定の案内が表示されるので、画面の表示に従って操作しましょう。

初期化やバックアップについて、このページやApple公式サイトのヘルプを参照してもよくわからないという場合は、むやみに初期化をせず、Appleサポートに連絡して手順の案内を受けながら行うほうがよいでしょう。

iPhone・iPadのパスワードを忘れた場合は、通常の初期化方法を行おうとしても、パソコンに接続するタイミングでパスワードの入力を求められてしまいます。

新しいiPhoneやAndroidに買い替え、古いiPhoneを人に譲渡・売却をするときには、事前に初期化する必要があります。

初期化はiPadを工場出荷状態に戻してしまう処理です。iPadに残っている必要なデータもまとめて消えるので、初期化前に必ずバックアップを取っておきましょう。
初期化後のiPadでも、バックアップさえとっていれば、それまでのデータを復元し利用できます。