練馬 “わいせつ画像”校長「生徒に好意」 カメラに複数の少女の姿/【中継】保護者説明会 会場前

練馬 “わいせつ画像”校長「生徒に好意」 カメラに複数の少女の姿/【中継】保護者説明会 会場前
元教え子とみられる女子生徒のわいせつな画像を所持したとして逮捕された練馬区の中学校の校長がきょう(12日)送検されました。校長は教え子だった生徒に対し「好意があった」という趣旨の話をしていることが分かりました。
校長:「生徒の性器を触っている画像や裸が写っている画像が入ったカメラを所持していたことに間違いありません」
児童ポルノ所持の疑いできのう(11日)逮捕された練馬区立三原台中学校の校長、北村比左嘉容疑者はけさ(12日朝)送検されました。「以前、勤務していた中学校の生徒を撮影したもの」だと容疑を認めているということです。またその後の捜査関係者への取材で、「生徒に対して好意があった」という趣旨の話もしていることが分かりました。5年前に赴任し、初めて校長になったという北村容疑者は周囲から「真面目でいい校長」だと評判だったようです。
「真面目に生徒に向き合っていたとは思います」「いい校長先生なのかなという印象だったのでびっくりですね」
教育委員会:「卒なく非常に真面目に経営を進めてきたという認識を持ってございます。教育的な考え方を子どもたちにわかりやすく話をしたりといったところに非常に優れている」
好意的な印象の裏で及んでいたとみられる犯行…。北村容疑者のカメラからは複数の少女のわいせつ画像が見つかっていて、他にも被害者がいるとみられます。練馬区教育委員会によりますと区民から「処分してほしい」などの意見が30件ほどきているほか、
三原台中の教員からは、「生徒が不安を感じている様子が見てとれた」という話も上がっているということです。生徒へのケアが必要となるなか…
「このあと保護者に対して事件の経緯と今後の対応についての説明が行なわれるということで保護者達が続々と学校の中へと入っていきます」
区の教育委員会は先ほど(12日)午後6時半から緊急の保護者会を開いていて、あす(13日)には全校生徒に対するアンケートを実施し、心のケアを行っていくということです。
/////
それでは三原台中学校で午後6時半から続いている保護者会について、会場となっている中学校から中継で伝えてもらいます。
保護者会は先ほど午後6時半から学校の体育館で始まり、現在1時間半以上が経ちましたが(依然として続いている?)
保護者会には副校長を中心とした学校関係者のほか、練馬区教育委員会の教育長や教育指導課長などが出席しています。
先ほど、保護者会に出席する前の保護者の方に話を伺いました。
「他にも被害者の方がいらっしゃると思うので、この学校であったかどうかも含めて言いやすい環境を学校側はどう考えているのか」「表に出せないけど嫌だと思っている子もいると思う傷ついているといえる環境、嫌だと思ったことを外に出せると違ってくる、出せればいいと思う」
保護者会には300人以上の保護者が出席していると見込まれ、事件の経緯のほか今後の生徒の心のケアや相談体制について説明しているということです。
またあす(13日)行う予定の全校生徒を対象にしたアンケートの詳細のほか、校長が不在のなかで、どのように学校を運営していくのか、今後の体制についても説明しているとみられます。