簡易水冷CPUクーラー最強決定戦!【10製品の冷却性能と動作音を一斉比較】最新CPUをしっかり冷やすのはどれだ?

簡易水冷CPUクーラー最強決定戦!【10製品の冷却性能と動作音を一斉比較】最新CPUをしっかり冷やすのはどれだ?
CPUの性能がめざましく向上する一方で、発熱対策としてクーラー選びの重要性は増しており、Core i9やRyzen 9には36cmクラス以上、Core i7やRyzen 7でも24cmクラス以上の簡易水冷クーラーかハイエンド空冷が必須とされています。

そこで24cmから42cmの高性能な簡易水冷クーラー10製品を集めて、その特徴や性能を解説します。

■紹介する製品
ARCTIC Liquid Freezer Ⅱ 420(42cmクラス)
Corsair H100x RGB ELITE(24cmクラス)
Corsair iCUE H170i ELITE CAPELLIX XT(42cmクラス)
DeepCool LS720 WH(36cmクラス)
MSI MAG CORELIQUID 360R V2(36cmクラス)
NZXT Kraken 360 RGB(36cmクラス)
ProArtist GRATIFY AIO5(36cmクラス)
Thermaltake TOUGHLIQUID 280 ARGB Sync(28cmクラス)
ZALMAN Reserator5 Z36(36cmクラス)
玄人志向 KURO-AIOWC360(36cmクラス)

0:00 オープニング
1:15 冷却特集掲載のDOS/V POWER REPORT2023年夏号の紹介
1:42 簡易水冷のニーズが増している理由
3:16 ARCTIC Liquid Freezer Ⅱ 420
8:27 Corsair H100x RGB ELITE
12:15 Corsair iCUE H170i ELITE CAPELLIX XT
16:02 DeepCool LS720 WH
19:41 MSI MAG CORELIQUID 360R V2
24:04 NZXT Kraken 360 RGB
28:14 ProArtist GRATIFY AIO5
33:35 Thermaltake TOUGHLIQUID 280 ARGB Sync
38:20 ZALMAN Reserator5 Z36
42:50 玄人志向 KURO-AIOWC360
48:43 ベンチマーク環境について
50:58 温度測定結果解説
1:01:31 動作音測定結果解説
1:06:32 DOS/V POWER REPORTが選ぶ今オススメの簡易水冷クーラーはこれだ!
1:16:11 実動デモ

■出演
石川ひさよし
遠山健太郎(DOS/V POWER REPORT編集長)

■最新簡易水冷クーラー特集掲載のDOS/V POWER REPORT2023年夏号(Amazon)
https://tinyurl.com/3kvz2tb6

【本チャンネル “PAD” について】
PC Watch、AKIBA PC Hotline!、DOS/V POWER REPORTが共同でお届けするPCハードウェアと関連情報の専門チャンネルです。完成品PC、自作PC、パーツ、周辺機器などを専門媒体ならではの視点で掘り下げます。コンテンツを続々追加予定。チャンネル登録をお願いします!
[PC Watch公式][AKIBA PC Hotline!公式][DOS/V POWER REPORT公式]

#自作PC #自作パソコン #CPUクーラー