火災があった住宅の敷地内で3人の遺体が見つかった事件 火元の住宅の居間の壁に血痕 秋田・由利本荘市 (2023/10/12 18:59)

火災があった住宅の敷地内で3人の遺体が見つかった事件 火元の住宅の居間の壁に血痕 秋田・由利本荘市 (2023/10/12 18:59)
秋田県由利本荘市の住宅で火事があり3人の遺体が見つかった事件で、火元となった住宅の居間の壁に血痕が付着していたことが新たに分かりました。

9日由利本荘市の齋藤真一さん(66)の住宅から火が出て2階から男性の遺体が見つかったほか、敷地内にある空き家から齋藤さんと長男の遺体が見つかりました。

齋藤さんと長男は頭部に鈍器のようなもので殴られた痕が複数確認されていて、廊下で重なりあうように倒れていたことです。

警察によりますと、11日から始まった現場検証で火元となった住宅の1階にある居間の壁に血痕が付着していることが確認されました。警察は空き家で見つかった2人が居間で襲われ空き家に運ばれた可能性を含め捜査しています。

13日の現場検証には消防も立ち合い現場の状況をさらに詳しく調べます。