汗だくの3連休中日 各地で厳しい残暑 猛暑日25地点(2023年9月17日)

汗だくの3連休中日 各地で厳しい残暑 猛暑日25地点(2023年9月17日)
 3連休中日の17日も日本海側を中心に25の地点で猛暑日となるなど、各地で厳しい残暑となりました。

 長崎は、もう4日も断続的に雨が降っています。活発な秋雨前線の影響で、九州で悪天候が続く一方、本州は太平洋高気圧が居座って「危険な暑さ」が続いています。

 熱中症でしょうか、鳥取砂丘を観光していた女性がレスキュー隊の車で運ばれる事態に…。異例の残暑。鳥取で35℃を超えるなど、猛暑日は25地点に上りました。

 炎天下の成田空港。小学生が熱心に引っ張るのはなんと、ジェット機。とはいえ、重さは161トン。びくともしません。そこで、大人も参戦。すると、わずかに動いたのか、大きな拍手が。

 猛暑日に迫った山形で熱視線を浴びていたのが湯気立つ大きな鍋で何かを作る人々。出来上がったのが里芋と牛肉たっぷり、名物の芋煮です。直径6.5メートルの鍋で3万食が作られました。芋煮にありつけるまでは、皆さんミスト扇風機で涼を取っていました。

 一方、動物たちから“涼”のプレゼントも…。シャチが客席に豪快な水しぶきを浴びせる「サマースプラッシュ」。本来、8月までの夏の大人気イベントも今年は異例の対応です。

 鴨川シーワールド 中橋健二さん:「かなりまだ残暑が厳しいということで、再度サマースプラッシュを期間限定でアンコール開催することになりました」

 続く暑さのなか、4年ぶりのイベントも目白押しです。華やかな衣装に身を包んだ女性たちが情熱的なダンスを繰り広げる「浅草サンバカーニバル」。真夏並みの陽気のなか、約3000人が雷門通りに華を添えました。

 さらに、多くの若者でにぎわう東京・渋谷では金王八幡宮例大祭。14基の神輿(みこし)が渋谷の中心部に大集合です。

 3連休最終日の18日も厳しい暑さは続く見込みです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp