松本まりか、声を震わせながら“多様性”訴え涙 吉岡里帆の優しい気配りも 映画『アイスクリームフィーバー』初日舞台あいさつ

松本まりか、声を震わせながら“多様性”訴え涙 吉岡里帆の優しい気配りも 映画『アイスクリームフィーバー』初日舞台あいさつ
俳優の吉岡里帆(30)と松本まりか(38)が14日、都内で行われた映画『アイスクリームフィーバー』の初日舞台あいさつに登壇した。松本が「個性というものをもっと認め合えばいい」と涙ながらに訴える一幕があった。

松本は「世の中でいろんなことがあるじゃないですか。自分をどう表現したら良いかわからなくて、表現するんだけど、それが上手くいかなかったり、批判されたりとかそういう世の中になってきて」と話し、言葉に詰まった。吉岡に背中をさすられながら「この映画には、平凡だったり、奇抜だったりするキャラクターがいっぱい出てくる。それでもそれを認めてくれる」と涙を流した。

同作は、アイスクリーム店「SHIBUYA MILLION ICE CREAM」を中心に4人の女性を主軸にした、切なくも爽やかな余韻を残す至極のアイスクリームのような恋物語。熱(フィーバー)に似た、心を捉えて離さない衝動を描く。

イベントには、水曜日のカンパネラの詩羽(21)、千原徹也監督も登壇した。

#松本まりか #吉岡里帆 #詩羽 #水曜日のカンパネラ #アイスクリームフィーバー