振り込み“未処理”87万件…金融システム障害 500万件に影響 復旧の見通しは?(2023年10月11日)

振り込み“未処理”87万件…金融システム障害 500万件に影響 復旧の見通しは?(2023年10月11日)
10日午前8時半に起きた金融機関のシステム障害。10日夜、2度の復旧作業を試みましたが、エラーが起き、11日も11の金融機関で振り込みができない状態が続きました。

三菱UFJ銀行は、11日午後、ほかの金融機関への振り込みの受付を取りやめ、中小企業に融資を行う『商工中金』でも振り込みを終日中止しました。影響が出た取り引きは、この2日間で、のべ500万件にも上ります。いまだに87万件の取り引きが滞ったままです。

障害の原因は、各金融機関が資金をやり取りするシステムです。銀行どうしは、中継コンピューターでつながる“全銀システム”と呼ばれるネットワークで資金のやり取りをしています。この中継コンピューターのソフトにエラーが起きていて、取り引きができません。

さまざまな店舗が集まる商店街で聞こえてくるのは、不安の声ばかりです。
飲食店経営者:「支払いしないといけないから、しょうがないからほかの銀行まで行って。(仕入れ費用が)10日支払いと決まっているので、そこは信用の問題上、払わなきゃいけないじゃない」
不動産業者:「10日は月末までに集まった家賃をオーナーに送金しなければいけない。オーナー様も支払いがあるでしょうから」
和菓子店の店主:「相手様も振り込まれた金額で、さらに、取引先に入金するので、相手様が振り込みできなくなる心配がある」

生活に欠かせないお金にも影響が出ています。『児童手当』です。数カ月分がまとめて支払われますが、10日が振り込み日になっていた全国の自治体で、入金されない家庭が続出してます。
豊橋市子育て支援課・姜恵子さん:「電話が鳴りっぱなしという状態で、職員は電話対応しかしていないような状況だった。いち早く復旧するのを待っている状況」
  
全銀システムを運用する団体は、11日夜、再び、システムの改修を行うとしています。
全国銀行資金決済ネットワーク・辻松雄理事長:「今後の状況については、プログラムの修正を行い、あすコアタイム時間、午前8時半から新しいプログラムを使い、全銀システムの正常な運転に心掛けていきたいと考えている」
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp