全銀協のシステム障害 北九州銀行も影響続く

全銀協のシステム障害 北九州銀行も影響続く
10日発生した、金融機関同士の資金のやりとりを行う「全銀ネット」のシステム障害は、11日午後6時現在も復旧の目途が立っていません。北九州市に本店を置く北九州銀行でも、影響が続いています。

システム障害は、10日午前8時半ごろ確認され、メガバンクや地方銀行など合わせて11の金融機関で、ほかの金融機関への振り込みなどができなくなりました。

全銀ネットは、バックアップ手段を使って振込取引の処理を鋭意行っていますが、通常より遅れが生じる恐れがあるとしています。

北九州銀行では、午後3時半から翌日午前8時半までは別のシステムを使うため、10日も不具合はなく、振込処理は通常通り可能ということです。

しかし、それ以外の時間帯についてはシステムの復旧目途が立っておらず、12日以降も影響が続く恐れがあるとしています。