倉林明子 勤務間インターバルの確保・連続勤務は28時間・過労死ラインの約2倍の千8百60時間・特例水準・宿日直許可を受ければ賃金は最低3分の1・どっちかがほんまのこと言うてない・労働時間規制の形骸化他

倉林明子 勤務間インターバルの確保・連続勤務は28時間・過労死ラインの約2倍の千8百60時間・特例水準・宿日直許可を受ければ賃金は最低3分の1・どっちかがほんまのこと言うてない・労働時間規制の形骸化他
倉林明子議員 勤務間インターバルの確保・連続勤務は28時間・過労死ラインの約2倍の年間千8百60時間・特例水準・宿日直許可を受ければ賃金は最低3分の1・どっちかがほんまのこと言うてない・労働時間規制の形骸化他
2023年4月25日 参議院・厚労委員会