伝統の祭りで“馬に飛び蹴り” SNSで動画拡散し批判の声 神社「不適切行為だった」(2023年10月4日)

伝統の祭りで“馬に飛び蹴り” SNSで動画拡散し批判の声 神社「不適切行為だった」(2023年10月4日)
 200年以上の歴史がある伝統的な祭りで、参加者が馬に飛び蹴りする動画が物議を醸しています。

■SNSで動画拡散…批判の声

 丸太で組んだ円形の会場。走る馬に法被と地下足袋姿の参加者がしがみつき、人馬一体となって疾走しています。

 これは愛知県高浜市の無形民俗文化財に指定されている「おまんと祭り」です。雨ごい祈願のために始まったとされています。

 問題の映像は先月30日、祭りが終盤に差し掛かったころでした。馬が走り始めると、1人の男性が馬に向かって飛び蹴りをしました。

 この動画がSNSに投稿されると、批判の声が上がりました。

 SNSから:「こんなことが令和の今やっているとは」「祭りは楽しいものです。馬をたたく蹴る。これの何が楽しいのか分かりません」

 祭りを奉納される春日神社の関係者は、「蹴ることは常態化していない」と説明しています。

 本来の祭りから逸脱した行為は、なぜ起こってしまったのでしょうか。

■馬が逆走したため…飛び蹴り?

 200年以上の歴史がある愛知県高浜市の「おまんと祭り」で突然、1人の男性が会場を駆け回る馬に飛び蹴りをしました。

 なぜでしょうか。動画を撮影した人によると…。

 動画を撮影した人:「通常では時計回りに回るはずの馬が、逆走したのを止めようとして」

 確かに、観客からは「反対、反対」という声が上がっていました。

 「おまんと祭り」では本来、馬が時計回りに走ることになっていて、逆走したため、飛び蹴りしたとみられます。

 その後も馬は走り続けますが、別の男性が飛びつき、しがみついて馬を止めると拍手が起きました。

■春日神社「不適切行為だった」

 飛び蹴りして止める行為について、撮影者はこう話します。

 撮影者:「走っている馬を蹴り上げること自体で、止められるとは全く思いません。動物に対して、蹴りを食らわせるという行為をすること自体が許せなかった」

 祭りが行われた春日神社は直接運営に関わっていませんが、コメントを発表しました。

 春日神社:「馬に対して蹴ると思われる行為が確認されました。不適切であったと考えており、再発がないように対応にあたっていきます」

 祭りの関係者は「近いうちにこの問題について話し合いをする場を設ける」としています。

(「グッド!モーニング」2023年10月4日放送分より)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp