では トレンドラインを引いた後の使い方について説明します

上昇トレンドラインは別名 「下値支持線」という言われ方もします

トレンドラインと言えば、ありふれたツールなので、特に投資家の議論の対象になったりすることは少ないですが、実践ではここぞという見せ場を作ってくれるのはトレンドラインだったりします。

例えば上昇トレンドの場合は1回目の安値ができその次の2回目の安値ができたらトレンドラインを引くことができます。

トレンドラインには、安値同士を結んだサポートラインと高値同士を結んだレジスタンスラインの2種類があります。

トレンドラインはエントリータイミングの目安としても使うことができます。というのも、サポートラインやレジスタンスラインで跳ね返ったタイミングは、押し目や戻り目になることで有利な価格でエントリーできるからです。

トレンドラインを正しく引けば投資の優位性はかなり上がるので正しいトレンドラインの引き方をマスターしましょう。

トレンドラインを引く際にローソク足のヒゲを使うか、ヒゲを含めず実体部分だけでラインを引くか悩む場合は、高値の位置が分かりやすいヒゲで引くと簡単に引きやすいです。ヒゲで引くことに慣れてきたら、実体部分でも引いてみてください。「極端なヒゲは相場の行き過ぎた感情を表していて、正しいトレンドを示していない」という考えから、トレンドラインを実体部分で引くトレーダーも多いからです。

しかも、この「8」でトレンドラインにタッチしてから、トレンド転換が起こっています。このタイミングでのエントリーも大きな利益をもたらしてくれますね。

上値支持線とは、右肩下がりになっている相場で、上下動を繰り返しながら上値を押さえつけられて下降の圧力となるトレンドラインです。

トレンド相場には上昇トレンドと下降トレンドの2つあり、その為トレンドラインも上昇トレンドラインと下降トレンドラインの種類があります。

トレンドラインは1つの根拠になります。

上昇トレンドラインは別名、「下値支持線」という言われ方もします。

では、トレンドラインを引いた後の使い方について説明します。

そして、最後に最も重要なトレンドラインの使い方の間違いですが、自分が引いた線が完全に正しいと思ってしまうことです。

そこで、トレンドラインの実践的な引き方、使い方を解説したいと思います。

上昇トレンドの場合、つまりチャートに表示されたローソク足が右肩上がりであれば、最安値を起点としてローソク足の2点以上の安値と安値を結び、サポートラインを引きましょう。チャートの時間軸には日足や1時間足、5分足などたくさんの種類がありますが、まずは自分が普段使っている時間軸を選んでラインを引いてみてください。トレンドラインを数多く引くことで、機能しやすいラインが段々と引けるようになります。