【会社の仲間チームワーク】iPhone修理店がすぐ忘れがちな共通認識

【会社の仲間チームワーク】iPhone修理店がすぐ忘れがちな共通認識
毎日の仕事に追われていると過程を進めて目的到達するためのプロセスの中で混乱しているや目的に進んでいない事だと感じるや意見がスレ違い喧嘩になるや衝突したり間違った仕事のやり方をしている時にはお互いに支え合うとは?相手の事を思いやる。自分が仕事から逃げないことが大切だと言えますが例えば銃を持って戦争に行くとします。相手が攻めて来ているのでこちらも防御のためや進行のために戦わないといけません。そんな時にお腹が痛いや昨日は深夜までテキーラを飲みすぎていたり、銃を持ってくるのを忘れたり大切な通信連絡用のトランシーバーを忘れたり準備をおこたっている仲間がいた場合には貴方ならどうするべきですか?戦闘している現場とスマホ屋さんの仕事場所は現実的には違えど成果を出して連携するチームワークを発揮するのであればやる事はほぼ同じ事です。

戦争の現場に出撃するため前もって目標と共通認識を揃えるために、悪い態勢にならない様にお互いが気持ちを揃えるのです。仕事も戦争も同じで失敗やミスは会社の全員の連帯責任である事は必ず感じるべきです。失敗が多くて何をしてもダメな人だと仲間を評価するなら自分はなんでもできるエリートなのか?会社やお店は仲間が駄目なところを列挙する事を目標にしているのでは無く、売上を向上させるための努力と工夫をするために正解を考えるのが仕事です。
仲間と一対一で談笑の様に適当にベラベラ会話するより会社の全員を集めてチームの成熟過程を説明し合い意見の出し合いをすると気持ちと意思が伝わることが多いのでご参考ください。