【ロシア軍内部で異変】幹部が次々解任?混迷するプーチン政権 ゲスト:兵頭慎治(防衛省防衛研究所研究幹事)、常盤伸(東京新聞・中日新聞 編集委員 )7月18日(火) BS11 報道ライブインサイドOUT

【ロシア軍内部で異変】幹部が次々解任?混迷するプーチン政権 ゲスト:兵頭慎治(防衛省防衛研究所研究幹事)、常盤伸(東京新聞・中日新聞 編集委員 )7月18日(火) BS11 報道ライブインサイドOUT
ワグネル「プリゴジンの乱」の余波が、今もロシア国内に渦巻く。中でも発言力を増し、勢いづいているのが「愛国・戦争推進」の極右勢力だ。様々な組織が、ウクライナでロシアが苦戦しているのは、「プーチン大統領とショイグ国防相の指導力不足と政府の腐敗のせいだ」と主張し、反プーチンで結束し始めている。
一方、政権側は反乱収束5日後に「プリゴジン氏がプーチン氏と会談、忠誠を誓った」と公表。この狙いは何だったのか?
2000年の大統領初当選から20年を超えてロシアに君臨するプーチン氏。「プーチン独裁」の背景に迫り、「プーチンの世界観」からウクライナ戦争の行方を分析する。

#岩田公雄 #上野愛奈 #兵頭慎治 #常盤伸 #ロシア軍 #プーチン政権 #ワグネル #プリゴジンの乱 #極右勢力 #愛国戦争推進 #ショイグ国防相 #bs11 #インサイドOUT